取材レポート

3/10(sat) 極限 -KYOKUGEN- @キング × クィーンオブノースランド

3.10(sat)

KING × QUEEN

8店舗合同開催

徹底取材レポート

 

その名も

『極限 -KYOKUGEN-』

o0800113114142709870

 

魚津

ku_001

ku_002

ku_003

 

魚津店では…

 

シリーズ7機種中全機種が平均回転数5,000〜6,000に達し、ファンキージャグラーでは差枚+15,000枚オーバーを記録した。

 

その中には3,000枚、4,000枚オーバーが3台、そして5,000枚オーバーの台も…。

 

その他、マイジャグラー2からも4,000枚オーバーが見られた。

 

トータルの印象では、全台1/2以上のプラス域が見られ、マイナス域の台のハマりも少なかったため、プラス台がより際立ってるのであろう。

 

 

黒部

kk_001

kk_002

kk_003

 

黒部店では…

 

シリーズ9機種中で設置台数の多いマイジャグラー2、3がほぼ全台プラス域という驚異の結果を叩き出した。

 

この2機種の平均回転数も6,000オーバーであり、なおかつ2、3ともに

5,000枚オーバーの台もあり信頼度の高い結果と言えるだろう。

 

その他の機種では、マイナス域という結果に終わった機種もあったが、

回転数が伸び悩み、その後の結果にどう動いていたのかが見れなかったことが悔やまれる結果となった。

 

トータルの印象では、全台系の機種や1/2の機種なども多く、

シリーズ総差枚数が約+45,000枚に達したのは今後の選択にも役立つ結果と言える。

 

 

吉久

ky_001

ky_002

ky_003

 

吉久店では…

 

ファンキージャグラーの16台設置など1機種につき台数が多い店舗だが、

全機種が1/2以上のプラス域の結果を出した。

 

マイジャグラー2では3,000〜4,000枚オーバーや、ファンキージャグラーでも4,000枚や5,000枚を叩き出した。

 

全機種プラス域、シリーズ総差枚数+40,000枚に達したことを踏まえると、まだまだ回転数の少ない台にも潜んでいたのではないだろうか。

 

 

佐野

qs_001

qs_002

qs_003

 

佐野店では…

 

機種数が豊富な中で、ゴーゴージャグラーに3,000枚オーバーがあり2/3以上のプラス域の結果を叩き出し7機種中4機種が1/2だった。

 

しかし、ハッピージャグラーやマイジャグラー3の以外の機種が平均回転数2,500〜3,500と若干伸び悩んだ感は否めないが

機械割の面ではゴーゴージャグラーの108%、ハッピージャグラーの111%など見逃せない結果をなっている機種も

今後の選択に役立つのではないだろうか…。

 

 

砺波

qt_001

qt_002

qt_003

 

砺波店では…

 

台数の多いメイン機種から少数設置の台までまんべんなくプラス域が見られ、1/2、2/3かと思わせる結果であったが、

回転数が少ない台も見られ、機種によっては全台ではないかと取材班は見ております。

 

マイジャグラーのシリーズでは8,000回転以上の台で1/104の合算や、10,000回転打ち込んだ台も数台あり、

ユーザーの信頼度を得ている店舗だと見てとれた。

 

プラス域の機種の中でも5,000枚オーバーも見られるため、メリハリのある構成だったのではとにらんでおります。

 

 

呉羽

qk_001

qk_002

qk_003

 

呉羽店では…

 

各機種8台ずつとわかりやすい機種構成であり全機種回転数も6,000〜8,000オーバーの中で明暗もわかれたのではないだろうか。

アイムジャグラー、ファンキージャグラーが2/3、ジャグラーガールズが1/2という好結果を出した。

 

ファンキーでは2,000枚、3,000枚オーバーが各2台ずつと健闘し、ガールズでは5,000、6,000枚オーバーと驚異の結果も叩き出した。

 

しかし、全台回転数が多くユーザーの信頼度も得ている店舗であるだけに

朝から台の争奪戦は避けられないと言えるだろう。

 

 

滑川

qn_001

qn_002

 

qn_003

 

滑川店では…

 

6機種という機種構成の中で、1/2の結果を出した機種が多く見られた。

 

台各機種平均回転数が4,000前後の機種が多いもののへこみ台も少なく、

中には9,000回転で1/112の台も見られたため、まだまだ多くのチャンスが眠っていたのではないだろうかと推測する。

 

こちらの店舗でもジャグラーシリーズの稼働も普段から高く、多くのユーザーが注目していることであろう。

 

 

氷見

qh_001

qh_002

qh_003

 

氷見店では…

 

全機種ほぼプラス域という好結果となるものの平均回転数に偏りがあり伸び悩んだ台もあった。

機種構成が多いなかで、ユーザーも悩む要因となったのではないだろうか…。

 

しかし、全台見渡すと1/2や1/3という結果は出ていて、その中でも5,000枚オーバーの台もあったため、

探しがいのある構成で組まれていたのではと推測する。

 

回転数を見ると、マイジャグラーに偏る傾向が見られるため、取材班はそのほかの機種も今後注目していこうと思う。

 

 

(データはすべてP-bonno調べとなっております。)

 

 

【総括】 

2度目の8店舗合同開催ということで、前回と同様に各店の『ジャグラーシリーズ』を徹底的に取材して参りましたが、

前回の結果と異なる点では、各店の構成にも個性がしっかりと見られたのでないだろうか…。

 

まだまだ伸びるであろう台も数多く見られ、その辺もユーザーの皆さんにも機種選びに参考にしていただけたらと幸いです。

 

次回の開催では、3回目の開催となり今回と異なる構成となるのか、もしくは各店の個性がさらに伝わる結果となるのか、

取材班も注目していきたいと思います。

 

Aタイプだからといって侮るなかれ、

末長く今後も支持されていくであろう機種を

『極限』取材でも徹底的に取材して行きますので

 

次回の4.10(火)の開催…

 

そして4月末更新予定

この取材レポートもお見逃しなく!!!

 

 

Copyright 2015 P-bonno All Rights Reserved.